点字や音声による道路案内

現在、障がい者が社会生活を送りやすくするため、公共の場にははさまざまなバリアフリー設備が設置されています。
その代表的な設備としては、道路や公共施設に設置されている点字ブロックがあります。
これは視覚に障がいをもつ人の道路案内のために設置されているもので、移動する方向を案内したり、段差などについて注意を促す役割を果たしています。
点字ブロックの形状は、線状の突起が平行に配置され、その向きで移動方向を指示する「誘導ブロック」と、ドット状の突起が格子状に配置され、注意を促す「警告ブロック」の2種類があります。
また、点字ブロックの多くは黄色にペイントされ、弱視の人でもブロックを見付けやすいように配慮された設計となっています。
この設備は視覚に障がいを持つ人が道路を歩く上で欠かせないものですが、その一方でいくつかの問題点も抱えています。
問題点としては、ブロック上に配置された突起により、足腰の弱い高齢者や車椅子を利用する人の進行の妨げとなることや、ブロックが水に濡れると滑りやすくなることなどが挙げられます。
こうした問題に対処するため、点字ブロックのみによる誘導ではなく、音声案内装置による誘導や、両方を併用したシステムの導入も各地で進められています。

コメント

コメントを受け付けておりません。