植樹帯、並木、柵などの整備

人間のそばを自動車が通ることは人間にとっては恐怖に感じることもあります。
特に、高齢者や子供はバランスを崩しやすく自動車を運転する人も、歩行者も危険な思いをすることも少なくありません。
そこで、歩道が設けられている道路も少なくないのですが、歩道は道路よりも一段高くなっており、車いすや高齢者にとっては大きな段差に感じてしまいます。
このような道路のバリアフリー化を目指して、一段高くするのではなく道路と歩道を植樹帯で区切ったり並木や柵を設置したりすることで道路と歩道を分けているところがあります。
まだ、日本国内では珍しい試みですが、今後日本が超高齢化社会へ向けて今後ますます広がりを見せようとしています。
このような試みは、まだ地方での社会実験などにとどまっています。
今後交通量の多い大阪や東京などでも設置できるか検討をしたり、狭い道路ではどのように対応するのかなど課題はまだまだ山積しています。
緑が少ないと言われる大阪などでは、近年都市開発で緑を増やす取り組みを行っています。
そのような大都市圏で、並木を増やし緑を増やすことは日本の環境を良くするばかりか排気ガスや大気汚染問題の解消にもつながると期待されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。