歩道の段差・傾斜・勾配の改善

生活道路などの歩道には、現在ではバリアフリー化を行うことが進んでいて、国の機関によっても推進されている内容があります。その中には、例えば交差点付近などでは、歩行者が歩きやすいように、傾斜の付いた形で地面が施工されていますが、その多くは数センチの段差が設けられていることが一般的です。しかし、この状態ならば、車椅子などを使用している方の場合では、通行する際に段差によって不具合が生じることがあります。そこで、ユニバーサルデザインとも言われているバリアフリーの状態に施すことが普及しており、新しいものでは段差を全て取り除き、視覚障害者の方であっても快適に歩行することができるようになりました。また、長い距離を歩行するような通りで、勾配が設けられているような部分では、道の途中にベンチなどを設置して、身体に不具合のある方や、幼いお子さんなどでも休憩できるスペースを設けているものも見ることができます。電柱などが邪魔になっていて、安全に歩行することが困難な場所の場合では、電柱代わりに電線を地中に埋設するための工事も行われており、その他の障害物などを可能な限り排除するという活動が広がりを見せています。今日では自動車だけではなく、歩行者にも優しい道路作りが行われています。

コメント

コメントを受け付けておりません。