歩道に工夫されたバリアフリー施策

現代の日本では、老若男女のみならず体に障がいを抱えた方などであっても気軽に町を歩けるようなバリアフリー施策が非常に多く取られています。
昨今では特に歩道におけるバリアフリー化が目覚しく、日進月歩の勢いで変化してきているといえるでしょう。
そのバリアフリー施策の例として挙げられるものはいくつかあります。
健常者であっても気づきやすい施策の例としては、道の段差を解消することが挙げられます。
これまでは人と車の道を明確に区分化するため、境界線には石を埋め込み、車はどこまで走っていいのか、また歩行者はどこまで歩いていいのかということが視認しやすくされていました。
しかしながら、縁石によって作られる段差は多少であるとはいえ、車椅子などの足が不自由な人にとっては負担となっていたのも事実です。
そのため昨今では縁石を無くして白線で境界線を定めたり、また縁石を地面のなかに埋め込んで段差を解消するといった施策がとられています。
また視覚障がい者のための誘導用ブロックを多く設置するようになったということもバリアフリー施策の一つだといえますし、一見してわかりづらいことではありますが、かつてまであった勾配を緩和して、なるべく水平な道をつくるようにしたということもバリアフリー施策の一つだということができます。
現代の日本では、分かりやすい場所や分かりにくい場所、様々な場所でバリアフリーによる住みやすい街づくりが進められているのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。